ご挨拶

小川又株式会社
代表取締役社長 小川周一郎

拝啓

 初夏の候、皆様に於かれましてはご健勝の事と心よりお喜び申し上げます。
 平素は格別のお引き立てを頂き厚くお礼を申し上げます。

 さて、私、長男・又三郎を亡くしましてこの二年間、繋ぎとして社長に返り咲き小川又株式会社の舵取りを担って参りました。

 この間、生前の又三郎が心から願っておりました北九州卸商センター協同組合の清算結了を果たし、また、本社を自宅の離れに移転して経費の節減を図った結果、急激な業績の回復を見まして、小粒ながらピリッと辛い、この混迷の時代に即応した会社へと変貌を遂げることができました。

 つきましては、七月に古希を迎えるにあたり、若い人たちにこれからの会社の運営とその継続を託すのが務めと、平成28年7月1日をもって代表取締役会長に退く決意を固めました。

 後任には次男の真司が六代目の社長に就任致します。
 新社長は念願の子宝(今年の11月に誕生予定)にも恵まれ、しかも男子であるとのことであります。

 親の特権を発揮し、この孫には「又七郎」と命名することに致しました。
 小川又の初代は「小川又七」・・・幕末に故郷の近江を発つ時には水杯を交わしたという私の曽祖父に想いを巡らせ、七代目の又七郎には152年の長い歴史を引き継いで行ってもらいたいものだという願いを込めています。

 どうぞ今後とも旧に倍しましてご指導ご鞭撻を賜りますよう伏してお願いを申し上げます。

敬具

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントを残す